WP3.3-Theme作ってみよう①の続編です

テーマを作成する場合テキストエディタを使用します
フリーソフトでいくつかあると思います使いやすい物でOK
私の場合サクラエディタを使わせていただいています
サクラエディタ

どのようなブログにしたいのか自分好みのページをテキストエディタ等でindex.htmlを作成します
XAMPPを導入しなくてもローカルで確認できます
index.htmlを右クリック「プログラムで開く⇒使用中のブラウザを選ぶ」それだけです
HTMLがまったくわからない場合少し勉強してからの方がいいかもしれません
 ・・・・(私も偉そうに言えるほどではありませんが(^_^;)
WebクリエイターボックスさんのWordPress オリジナルテーマの作り方 3.0+にある
サンプルファイルをDownloadさせていただき作業するのをお勧めします!

このブログは、以前(MT)からとても気に入っているテンプレート
MT underHatさんのMT underHat テーマ 002 – カンバスを基本にWPThemeへ自己流で修正し使用させていただいています
MT underHat テーマ 002 – カンバスカスタマイズページにローカルでスタイルを変更等できるファイル一式が用意されていて、それをダウンロードしWPTheme作成のベースとして使いました

WPTheme作成 最低限必要なファイル作成

ここでの説明は上記で用意したindex.htmlをWP用に置き換えていく物です
 *自作や他サイトで配布されているindex.html
WordPress オリジナルテーマの作り方 3.0+にあるサンプルファイルを使用の場合はWordPress オリジナルテーマの作り方 3.0+のまま進めば間違いなくThemeが作成できるかと思います!

inde.php
index.html内の要らない文章等は削除、ベースとなるタグだけを残してindex.phpへコピペで移動させます
私が使用した物:index.php中身 ブラウザで見るとindex.php

style.css
/*
Theme Name: Theme名
Theme URI: 配布する場合はここに配布先URL
Description: Themeの詳細
Version: Themeバージョン
Author: Theme作成者名
Author URI: Theme作成者URL
*/
上記のようにstyle.css開始に入れないとTheme一覧で表示されなかったり匿名になったり(^_^;)
文字の前にスペースも☓でした

これで取り敢えずローカル(XAMMP等)でテーマを作成できるかと思います
*注意*
***.phpや***.css内で日本語を使用する時文字化けする場合がある
各ファイルの保存をブログと同じ文字コードで保存すると直ります

2011/12/31 Wordpress
2012/01/08 ,
Comments(0)
関連記事